株式を始めるのにおすすめのネット証券を紹介

投資

今回はこれから投資を始めてみたいがどれがいいかわからないという人にどのネット証券会社がおすす

めかを紹介していきます。その前に口座開設の多いネット証券を見ていきましょう。ネット証券のみに

しているのは手数料が格段に安いためです。

口座開設の状況

会社名口座開設数シェア率
SBI証券570万1,000口座37.7%
楽天証券440万2,247口座29.1%
マネックス証券187万2,069口座12.4%
松井証券126万5,754口座8.4%
auカブコム証券117万1,774口座7.8%
GMOクリック証券44万4,357口座2.9%
岡三オンライン証券25万3,035口座1.7%
2020年6月現在

ネット証券だけでみるとSBI証券と楽天証券で全体の約70%を占めている結果となりました。ついでマ

ネックス証券が12.4%となってます。上位3社についてなぜ人気なのかを調べてみました。

ランキング第1位 SBI証券

おすすめの理由

・取り扱い商品が豊富

・夜間取引にも対応

・入出金手数料無料の提携銀行が多い

私もメインでSBI証券使用しておりますが、現在夜間取引できるネット証券会社はSBI証券とマネックス

証券、松井証券の3社のみとなっております。

夜間取引とは・・・8:20から16:00、17:00から23:59の間で取引が可能(SBI証券の場合)

その中でもSBI証券は夜間取引での買付手数料がSBI証券は無料で行えます。

また、米国株ETFを購入する際に日にちを設定すれば自動で買い付けを行うことが出来ます。

詳細情報

スタンダードプラン アクティブプラン
手数料1日の約定代金合計額手数料
5万円まで50円 (税込55円)100万円まで0円
10万円まで90円 (税込99円)
20万円まで105円 (税込115円)
50万円まで250円 (税込275円)
100万円まで487円 (税込535円)200万円まで1,162円 (税込1,278円)
150万円まで582円 (税込640円)以降100万円増加ごとに400円 (税込440円)
ずつ増加
3,000万円まで921円 (税込1,013円)
3,000万円超973円 (税込1,070円)
SBI証券|株・FX・投資信託・確定拠出年金・NISA
投資するならSBI証券。株、FX、投資信託、米国&#2...

第2位 楽天証券

個人的にはこれから株を始める方であれば楽天証券をおすすめします。

おすすめの理由

・楽天ポイントで投資が出来る

・投資信託の場合はカード支払いが月5万まで可能で1%のポイントが付与

・投資信託を月500円以上購入で楽天市場SPUポイントプラス1倍

・夜間取引にも対応

・日経新聞電子版を無料で購読できる

ポイントで投資が出来ますので、少額でも始められます。積み立てNISAで投資信託を

始めようと思うのであれば間違いなく楽天証券をおすすめします。楽天証券であれば月5万円まで

金額の1%ポイントが付与されるため、積み立てNISA枠上限の月33,333円、年間40万楽天証券で投資託

を行うだけで年間4000ポイントもらえます。20年で8万になりますので、長期的にみれば結構な額で

す。楽天市場でのSPUポイントプラス1倍を考えると楽天使用してるなら開設すべきです。

日経新聞は電子版で月額4,277円のお金が必要ですが、口座を持っているだけで日経新聞電子版を無料

で読めてしまいます。情報を集めるのにも楽天証券は最適です。

現物取引手数料

取引金額新手数料
5万円まで55円(税込)
10万円まで99円(税込)
20万円まで115円(税込)
50万円まで275円(税込)
100万円まで535円(税込)
150万円まで640円(税込)
3,000万円まで1,013円(税込)
3,000万円超1,070円(税込)
楽天証券 | ネット証券(株・FX・投資信託・確定拠出年金・NISA)
投資信託や確定拠出年金、NISAなら初心者に選ばれる楽天グループの楽天証券。SPUに仲間入りし、ポイント投資で楽天市場のお買い物のポイントが+1倍!取引や残高に応じて楽天ポイントが貯まる、使える楽天証券でおトクに資産形成を始めよう!

第3位 マネックス証券

おすすめの理由

・米国株が豊富

・IPOの抽選が完全抽選

マネックス証券は、海外投資商品が豊富な証券会社で、特に米国株は他の証券会社と比較してもかなり

豊富なラインナップとなっています。

IPOの取扱数も豊富で、完全平等抽選で当選者が決定するため、資産や実績が少ない方でも当選できる

可能性があります。手数料はネット証券の中では少し高めの設定となっております。

~10万円以下100円
10万円~20万円以下180円
20万円~30万円以下250円
30万円~40万円以下350円
40万円~50万円以下450円
50万円~100万円以下(成行注文)1,000円
(指値注文)1,500円
100万円~(※)(成行注文)約定金額の0.1%
(指値注文)約定金額の0.15%
マネックス証券
はじめての投資ならマネックス証券!先進のサービスと、ネット証券最安水準の手数料でお客様の投資を応援します!IPOはだれにでも平等にチャンスがあり、米国株(アメリカ株)は業界最多のラインナップを揃えています!NISA、iDeCoもお任せください。

番外 SBIネオモバイル証券

おすすめの理由

・Tポイントで購入可能

・1株から購入が可能

・月額50万以下であれば月額220円(税込)で取引し放題

こちらランキングには入っておりませんが、初めて株を行う方であればおすすめです。

なんといっても1株から購入できることです。SBI証券でも1株から購入できますが手数料として約定代

金×0.5%(最低50円)かかります。つまり1株1000円の株を買った時点で手数料として50円かかってしま

い、1050円が購入単価となってしまいます。SBIネオモバイル証券では月50万までは手数料無料で購入

することが出来ます。また期間限定Tポイントが200ポイント毎月貰えるため実質月額20円で出来ま

す。ただしSBIネオモバイル証券にのみ使用でき、他では使用できません。

日本初!Tポイントを使って株が買えちゃう!|SBIネオモバイル証券~Tポイントで株取引・資産運用ができる|ネオモバ
日本初!Tポイントを使って株が買えるのはSBIグループのSBIネオモバイル証券だけ!1株から株を購入することが可能なため、持っているポイントだけで投資を始めることも可能。月額220円(税込)で、取引放題(1ヵ月の約定代金合計額が50万円まで)!しかも期間固定Tポイント200ptが毎月もらえる。SBIグループのスマホ証券...
まとめ

SBI証券・・・豊富な種類の投資が可能

楽天証券・・・投資信託で5万まで1%ポイント還元、日経新聞電子版を無料で読める

マネックス証券・・・IPOが完全抽選で当選確率が高い

SBIネオモバイル証券・・・1株での購入手数料が月50万まで無料、Tポイントで購入可能

これから株式を始める方はまず口座を開設することからスタートですね。楽しい株主ライフを楽しみま

しょう。最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました